作品規定

応募作品1点とエッセイでのご応募となります。ご応募に際しまして下記内容をご確認願います。

※サイズが異なる場合審査対象外となりますので、サイズのご確認をお願いします。
※作品の額装、パネルマウントなどを行った作品は輸送上の安全のためガラス付フレームはお避けください。
また、額装やパネルマウントの出来栄えにつきましては審査に影響いたしません。

作品規定

絵画部門

種類

• 油彩、水彩、アクリル画、イラスト、コンピュータグラフィックス、日本画、版画、ちぎり絵、切り絵

サイズ

• 最小4号キャンバス(333mm×242mm)~最大12号キャンバス(606mm×500mm)

• 作画が可能であれば、用紙はどのようなものでも構いません。

注意点

• 油彩の場合はよく乾燥させ、指触乾燥段階で塗布できる仕上げニス等で保護処理を行い、背板または枠をつけてください。
• 立体物な装飾を施した作品のご応募は、破損の危険性がありますのでご遠慮ください。(ビーズや粘土の貼付けなど)

写真部門

種類

• フィルム写真:カラー・モノクロ(銀塩プリント)ネガ・ポジフィルム35mm以上
• デジタル写真:カラー・モノクロ(お店プリントまたは写真用紙へのプリント)
• 携帯電話及びスマートフォン附属のカメラ(推奨8MB /800万画素以上)

サイズ*上記全種類共通

• 6ツ切りサイズ(203mm×254mm)~ワイド4ツ切りサイズ(254mm×366mm)まで

注意点

• 現像/プリントした作品は必ず台紙に貼ってください。(厚紙や写真用ゲータボードを推奨)
• フィルム写真の場合は、ネガ・ポジフィルムを作品とともに必ずご送付ください。
• デジタルカメラおよび携帯電話附属のカメラで撮影された作品の場合は、現像/プリントした作品とともに、応募作品一点のデータをCD-ROMまたはUSBメモリに入れてご送付ください。データも作品の一部とみなします。よってCD-ROM、USBメモリは、7月中旬以降のご返却となります。(作品返却をご希望の場合のみ)
• 患部や検査画像などの写真での応募は当コンテストでは審査対象としておりません。

• 被写体に投稿の許可を得ているものが対象となります。

• 応募する本人が被写体または撮影しているものが対象となります。

絵手紙部門

制作方法

• 墨、顔彩を使用し、毛筆にて制作してください。

サイズ

• はがきサイズ(100mm×148mm)
※官製はがきを使用する必要はありません。

注意点

• 完全に乾いた状態でご送付ください。
• 作品は折れ曲がらないよう、クリアファイルに入れる、台紙に貼るなどしてください。
• 必ず絵と文字(メッセージ)を入れて制作してください。
• メッセージには特定の病院名、個人名など個人を特定できる文言や、治療薬品名、検査値、副作用についての記述が含まれないようにご注意ください。

エッセイ

• ご応募いただいた作品(描いた、あるいは撮ったもの)といつ、どんな状況で出会ったか。作品にどのような思いを託したのか、文章を添えてください。
• 文字数は800文字以内とさせていただきます。
• 手書きのものでも入力したものでも構いません。
• 文章内に特定の病院名、個人名など個人を特定できる文言や、治療薬品名、検査値、副作用についての記述が含まれないようにご注意ください。
• 応募作品のタイトル、お名前、受付番号を必ず明記ください。

※エッセイのタイトルは応募作品と同じものにしてください。