よくあるご質問

応募規定について

A1. 応募時において満20歳以上の、日本国内にお住まいでがんと診断された方、そのご家族、ご友人であればご応募いただけます。但し、コンテスト関係者、後援団体関係者及び日本イーライリリー株式会社の社員・取引先ならびに医療関係者などの応募はできません。

A2. 2018年7月17日(火)~2019年1月31日(木)当日消印有効です。この期間に応募登録を行っていただくと事務局より応募キットをお送りいたします。応募キットに詳細な募集要項、応募規約などが明記されておりますので必ずお読みください。応募登録期間と作品受付期間が異なりますのでご注意ください。

A3. 2019年1月7日(月)~2月22日(金)必着です。作品応募受付期間は応募登録期間とことなり作品をお送りいただける期間です。作品を送付される前に必ず応募登録を行ってください。

A4. 医療機関にお勤めの方のご応募はできません。(医師、看護師、薬剤師及び関係病院と団体所属者)

A5. 出品料は無料です。但し、応募にかかる作品の発送料などの諸費用は応募者にてご負担ください。

A6. 撮影機材の制限はありません。フィルムカメラ、デジタルカメラ、また携帯電話及びスマートフォン附属のカメラのいずれかの機材をご使用いただき、ご応募ください。デジタルカメラと携帯電話及びスマートフォン附属のカメラの場合は、8MB・800万画素以上を目安としてください。

A7. 応募作品の返却は有料にて可能です。返却希望の選外作品は7月下旬に返却を予定しています。また、入選作品については、入選発表後1年程度を目処に返却を予定しています。

※返却希望の無い作品につきましては、授賞式より一年間保管いたします。一年間保管の後、処分させていただきますので、予めご了承ください。

A8. 受領後、随時ご登録いただいた住所に郵送にて通知させていただきます。

応募について

A9. おひとりで、複数部門に応募することはできません。絵画部門、写真部門、絵手紙部門いずれかをお選びいただきご応募ください。

A10. 当ウェブサイトより応募登録用紙をダウンロードいただけます。また、事務局にお問い合わせいただければ郵送させていただきます。

A11.

【種類】

• 油彩、水彩、アクリル画、イラスト、コンピュータグラフィックス、日本画、版画、ちぎり絵、切り絵

【サイズ】

• 最小4号キャンバス(333mm×242mm)~最大12号キャンバス(606mm×500mm)

【応募に際する注意点】

• 油彩の場合はよく乾燥させ、指触乾燥段階で塗布できる仕上げニス等で保護処理を行い、背板または枠をつけてください。
• 立体物な装飾を施した作品のご応募は、破損の危険性がありますのでご遠慮ください。(ビーズや粘土の貼付けなど)

A12.

【種類】

• フィルム写真:カラー・モノクロ(銀塩プリント)ネガ・ポジフィルム35mm以上
• デジタル写真:カラー・モノクロ(お店プリントまたは写真用紙へのプリント)
• 携帯電話及びスマートフォン附属のカメラ(推奨8MB /800万画素以上)

【サイズ】*上記全種類共通

• 6ツ切りサイズ(203mm×254mm)~ワイド4ツ切りサイズ(254mm×366mm)まで

【応募に際する注意点】

• 現像/プリントした作品は必ず台紙に貼ってください。(厚紙や写真用ゲータボードを推奨)
• フィルム写真の場合は、ネガ・ポジフィルムを作品とともに必ずご送付ください。
• デジタルカメラおよび携帯電話附属のカメラで撮影された作品の場合は、現像、プリントした作品とともに、応募作品一点のデータをCD-ROMまたはUSBメモリにいれてご送付ください。
※ご応募の際メールでのデータ添付は受け付けできませんのでご了承願います。
• 患部や検査画像などの写真での応募は当コンテストでは審査対象としておりません。

A13.

【制作方法】

• 墨、顔彩を使用し、毛筆にて制作してください。

【サイズ】

• はがきサイズ(100mm×148mm)
※官製はがきを使用する必要はありません。

【応募に際する注意点】

• 完全に乾いた状態でご送付ください。
• 作品は折れ曲がらないよう、クリアファイルに入れる、台紙に貼るなどしてください。
• 必ず絵と文字(メッセージ)を入れて制作してください。
• メッセージには特定の病院名、個人名など個人を特定できる文言や、治療薬品名、検査値、副作用についての記述が含まれないようにご注意ください。

A14. 個人の肖像権に関する問題もありますので、必ずご家族やご友人に応募する旨お伝えいただき、ご了承を得てからご応募ください。

A15. 作品の送り先は事務局指定の作品管理倉庫へお送りください。
〒279-0032 千葉県浦安市千鳥12-13 舞浜物流センター内
八光社梱包運輸株式会社
047-390-8511(作品受付期間:平日10:00~17:00)
お送りいただく際には作品が破損しないよう十分に梱包にご注意ください。
但し、作品送付時の事故、損傷及び紛失などにつきましての責任は一切負いません。

A16. 応募は1人1作品までとなっております。複数部門での応募もご遠慮ください。

A17. 組み合わせでの作品のご応募はご遠慮ください。ストーリーのように作品を展開されたいのだとはおもいますが、ご応募いただくのは1人1作品1枚です。
※1枚の中に数枚の写真などを収めるのもご遠慮ください。

A18. 是非ご応募ください。おまちしております。

A19. ご郵送いただいた応募登録用紙の記入漏れがあった場合、もしくは記載内容の確認等、事務局が必要と判断した場合には、お電話等によりご連絡をとらせていただくことがございます。

A20. 問題ございません。是非ご応募ください。

A21. 遺作を応募することはできません。ご遺族やご友人がご自身にて制作された作品を応募することはできます。

審査および賞について

A22. 審査委員会による公正かつ厳正な選考を経て、絵画部門、写真部門、絵手紙部門よりそれぞれ最優秀賞・優秀賞・入選作品を選出します。作品の技術的・芸術的な評価よりも募集テーマを的確にとらえた作品であるかを重視します。
また、審査会にてノミネートされた入選作品から一般の方々に向けて投票を行い、絵画部門ならびに写真部門よりそれぞれ1作品ずつ一般投票賞を選出いたします。

A23. 審査会は3月~4月を予定しております。

A24. いいえ、申し訳ございませんが審査の公平を期すため見学することはできません。ご了承ください。

A25. 以下の方々になります。

兵庫県立美術館 館長 蓑 豊
エッセイスト 岸本 葉子
銅版画家 東儀 光則
フォトグラファー 平山 ジロウ
(順不同/敬称略)

結果発表・入賞作品の発表について

A26. 応募者全員の方に、審査終了後、ご登録していただいた住所に郵送にて通知させていただく予定です。

A27. 2019年6月~7月を予定しております。